2018.08.22 Wednesday

70歳のダイニングチェアが若返りました!

0

    今回は姪の方からのご依頼で、叔母さんから譲り受けたダイニングチェアのリフォームのお話です。

     

    このチェアは終戦直後に結婚された叔母さんのお嫁入り道具だったそうです。

    大切にしていたので、座面と木部塗装を修理してもう一度使いたいとの事でした。

     

    叔母さんはすでに亡くなられたそうで詳しい事は不明ですが、おそらく70年くらい前の商品と思われます。

     

    塗装は剥げていましたが、驚いたことに木部のガタつきなどは一切なく、接合部もしっかりしていて全く問題ありませんでした。
    戦後すぐの物のない時代に、当時の職人の物作りに対する気概と復興にかける心意気までも感じられ、頭が下がる思いです。

     

    フレームに年代の味を少し残し、座面は明るい若草色の張地に替え、お客様にはとてもきれいになった!と喜んでいただきました。

    叔母さんから姪御さんへ、そしてそのお子さんへと大切に引き継がれていく家具、そのお手伝いができて嬉しく思います。

     

    当ショップでは年月の経った家具でも修理できますので、どうぞご相談ください。

     

       ヒロシ

    2018.07.13 Friday

    ドレッサーの化粧直し♪

    0

      先日、女性のお客様から机の修理依頼がありました。

      折り畳み式天板のライティングデスクをドレッサーとして長年お使いになっているそうで、「使い勝手が良いのでとても気に入っているが、化粧品などで内部が汚れてしまったので何とかしたい」とのことでした。

       

      <修理前>

      IMG_0572-1.jpg

       

      IMG_0570-1.jpg

      拝見しますと、家具全体も天板もラッカー塗装で、なるほどこれでは化粧品の溶剤や油などで融けてしまうわけです。

       

      <修理後>
      IMG_0598-1.jpg

      修理としては、まず天板とその木口部分に薬品や傷に強いメラミン化粧板を貼りました。

      その他の部分はラッカー塗装を落とし、新しくウレタン塗装で仕上げました。

       

      ウレタン塗装はラッカーに比べて塗膜が堅いので、汚れやしみの付着を最小限に抑えることができます。

      また耐薬品性に富んでいるので、これでかなり耐久性がアップしました。

       

      IMG_0596-1.jpg

      修理前と同様に真っ白なウレタン塗装で仕上げましたので、15年前の新品同様になった!とお客様もびっくりされていました。

      他社の見積りではメラミン化粧板や塗装についての説明・提案などもなかったので、不安だったそうです。

      私どもに信頼して任せていただいき、こちらも感謝です。

      これでまた気分良くドレッサーに向かえますね!

      ワトルプラスでは、他社製品の塗装修理等にもお応えしております。
      家具でお困りのことがございましたら、まずはご相談ください。

       

         ヒロシ

      2018.06.13 Wednesday

      奥様も大満足のカウンター収納♪

      0

        近ごろ新築マンションにお引っ越しをされたお客様から、キッチンシンク回りのご相談を受けました。

        実際に入居し生活をしてみると、リビングからキッチンが丸見えで、来客も多いのでなんだか落ち着かないとか。

        シンクで洗い物をすると水しぶきの飛び散りもあるので、何か良い方法はないものかとお困りでした。

        そこで、キッチンの目隠しと水はね防止を兼ねた薄型のカウンター収納をご提案いたしました。

         

        <施工前>

        IMG_0588-1.jpg

         

        <施工後>

        ・キッチンカウンター収納 W2170×D300×H1050mm

        IMG_0592-1.jpg

        高さは、キッチン内部の目隠しと水の飛び散りを防ぐため、シンクよりも高めにしています。

        配膳台を兼ねた天板は、メラミンポストフォーム加工のカウンターにしました。

        水や熱、傷に対しても強く、お手入れも簡単です。


        お持ちになっているワイングラスやガラス器を美しく飾れるように、右側はガラス棚にしました。
        左側の扉収納はお部屋の建具に合わせて、扉を少し着色したウォールナット突板にしてあります。

        板戸、ガラス戸共にプッシュ式の扉を採用し、見た目もスッキリとさせました。

        全体的に、インテリアとの一体感のあるスリムなカウンター収納に仕上がりました。

         

        奥様の想像どおりになり、「リビングでも落ち着いて過ごせます!」と、大満足していただきました。

        気に入っていただき、設計施工者としてもうれしい限りです。

        日々の生活の中で不便を感じましたら、是非ご相談ください。



          ヒロシ