2019.02.09 Saturday

階段と壁とピアノの狭間にピッタリ収納棚!

0

    先日、当ショップのお得意様のご依頼で、地下室に収納棚を製作しました。

    これまでに奥様のデザインによる書棚とホームシアター収納を製作し、今回で3台目になります。

     

    <施工前>

    1IMG_1297-1.jpg

    地下室はご家族の趣味のお部屋で、こちらへの階段と壁との間が設置場所です。

    完成品では搬入できないので、パーツで運び込み現場で組み立てることにしました。

     

    <施工後>

    ●収納棚 W1455×D321×H2180mm

    仕様:シルバーハート材突板仕上げ

    4IMG_1313-2.jpg

     

    3IMG_1306-2.jpg

     

    3IMG_1309-2.jpg

    オーダー家具なので天井まで作るところですがちょうど配線ダクトがあり、その下ギリギリの高さで作っています。

    また、すぐそばにピアノを置く関係、家具の扉や引き出し等が当たらないように細心の注意を払いました。

     

    2IMG_1063-2.jpg

    引き出しは、中の物がすんなり取り出せるようにミリ単位のサイズで設計しています。

    扉の丁番は、一番単純で大きく開く平丁番を使用しています。

    これは調整が一切できないので、家具の精度、扉の取り付けの正確度が問われるところ。

    設置にはとても気を使いました。

     

    お客様もご希望通りできがった家具に大変ご満足のご様子で、こちらも大変楽しい仕事をさせていただきました。
    少し先になりそうですが、次の家具作りも予定されています。

    また喜んでいただけるように、何度も打ち合わせを重ね製作したいと思います。

     

    お部屋のサイズに合わせた壁面収納はオーダー家具ならではです。
    ご希望の家具を製作いたいますので、“ここにこんな家具が欲しい”と思ったら、ぜひご相談ください。

     


         ヒロシ

    2018.12.09 Sunday

    ダイニングチェアを修理すればいつまでも♪

    0

      2018年(平成30年)も残り少なくなりましたね。

       

      今年は、椅子修理と座の張替えのご用命を多くいただきました。

      ダイニングテーブル・セットは毎日の食卓としてかなりの使用頻度になります。

      特に椅子は傷みが激しく、座の汚れやクッション材の傷み、木部のグラつきなどで座り心地が悪くなりがちです。
      椅子だけ買い替えると、どうしてもテーブルのデザインとマッチしません。

       

      そのような場合、椅子を買い替えることなく、同様の色柄・素材の張地をお探ししての張替え修理をご提案しております。

      また椅子のデザインと調和するような張地のご提案も行っております。

       

      <修理例1 同様のベージュ色系・プレーンな合皮レザー生地で張替え>

       

      <修理例2 同様のベージュ色系・ベルベット生地で張替え>

      20181206_1983255-1.jpg

       

      <修理例3 同様のナチュラルベージュ色・ベーシックな織物柄生地で張替え>

      IMG_0723-1.jpg

       

      <修理例4 同様のベージュ系・クラシック柄生地で張替え>

      20181206_1983213-1.jpg

       

      お客様からは、「以前の椅子と違和感なく、インテリアに溶け込みます!」と、好評をいただいております。

       

      ワトルプラスでは、他社製品の修理等にもお応えしております。
      思い出が一杯のお気に入りの家具を永くお使いいただくためにも、一度当ショップにご相談ください。

       

            ヒロシ

      2018.08.22 Wednesday

      70歳のダイニングチェアが若返りました!

      0

        今回は姪の方からのご依頼で、叔母さんから譲り受けたダイニングチェアのリフォームのお話です。

         

        このチェアは終戦直後に結婚された叔母さんのお嫁入り道具だったそうです。

        大切にしていたので、座面と木部塗装を修理してもう一度使いたいとの事でした。

         

        叔母さんはすでに亡くなられたそうで詳しい事は不明ですが、おそらく70年くらい前の商品と思われます。

         

        塗装は剥げていましたが、驚いたことに木部のガタつきなどは一切なく、接合部もしっかりしていて全く問題ありませんでした。
        戦後すぐの物のない時代に、当時の職人の物作りに対する気概と復興にかける心意気までも感じられ、頭が下がる思いです。

         

        フレームに年代の味を少し残し、座面は明るい若草色の張地に替え、お客様にはとてもきれいになった!と喜んでいただきました。

        叔母さんから姪御さんへ、そしてそのお子さんへと大切に引き継がれていく家具、そのお手伝いができて嬉しく思います。

         

        当ショップでは年月の経った家具でも修理できますので、どうぞご相談ください。

         

           ヒロシ

        2018.07.13 Friday

        ドレッサーの化粧直し♪

        0

          先日、女性のお客様から机の修理依頼がありました。

          折り畳み式天板のライティングデスクをドレッサーとして長年お使いになっているそうで、「使い勝手が良いのでとても気に入っているが、化粧品などで内部が汚れてしまったので何とかしたい」とのことでした。

           

          <修理前>

          IMG_0572-1.jpg

           

          IMG_0570-1.jpg

          拝見しますと、家具全体も天板もラッカー塗装で、なるほどこれでは化粧品の溶剤や油などで融けてしまうわけです。

           

          <修理後>
          IMG_0598-1.jpg

          修理としては、まず天板とその木口部分に薬品や傷に強いメラミン化粧板を貼りました。

          その他の部分はラッカー塗装を落とし、新しくウレタン塗装で仕上げました。

           

          ウレタン塗装はラッカーに比べて塗膜が堅いので、汚れやしみの付着を最小限に抑えることができます。

          また耐薬品性に富んでいるので、これでかなり耐久性がアップしました。

           

          IMG_0596-1.jpg

          修理前と同様に真っ白なウレタン塗装で仕上げましたので、15年前の新品同様になった!とお客様もびっくりされていました。

          他社の見積りではメラミン化粧板や塗装についての説明・提案などもなかったので、不安だったそうです。

          私どもに信頼して任せていただいき、こちらも感謝です。

          これでまた気分良くドレッサーに向かえますね!

          ワトルプラスでは、他社製品の塗装修理等にもお応えしております。
          家具でお困りのことがございましたら、まずはご相談ください。

           

             ヒロシ