<< 大人になってもまだまだ使えます | main | 私のお花見スポット >>
2017.04.05 Wednesday

うりふたつ です。

0

    今回のお客様はとてもダンディーなコピーライターの方で、以前に作った家具と同じ家具をどうにか作れないものかというご相談でした。

     

    帽子と靴をたくさんお持ちで、他社で作った特注の収納棚(向かって右の家具)に保管していますが、まだ入りきらないそうです。

    同じ仕様でもう1台作りたいけれど、製作した家具屋さんが廃業してしまってとお困りで、そういう事でしたらお任せくださいと、お受けしました。

     

    元の家具は天然木の突き板で作られていたので、まずは元の扉を外して製作工場に持ち込み、同じような突板材料を製作することから始めました。

    天然木は全く同じ木目はないので似たような追柾目を探し、木目の貼りピッチを合わせ、色や艶なども忠実に再現しました。

    内部も元と同じ白ポリ化粧板で仕上げて、扉を静かに閉めるソフトクローズ機能を採用しています。

    高さは、窓の外の景色が見られるように低く抑えていました。

     

    2台並んでも全く違和感なく、同じ仕様にしたことで部屋に統一感が生まれました。

    溢れていた靴も全部収納できて、これでスッキリです。

     

    別に作った家具とは思えないほどそっくりな仕上がりに、お客様も大変満足のご様子でした。

    お客様の“同じに作りたい”という思いをお手伝いできて、こちらも嬉しく思います。

     

    このようなご注文もワトルプラスなら出来ますよ。

       ヒロシ

    コメント
    コメントする