<< 2018年、明けましておめでとうございます。 | main | 今年も満開! >>
2018.02.24 Saturday

これからも揺れ続けるロッキングチェア

0

    以前に当店で家具の修理をされたお客様より、今回はロッキングチェアの修理依頼がありました。

    結婚当初に購入し、シンプルなデザインが気に入って40年以上もお使いだとか。
    さすがに長年の使用で、座面とクッションに傷みが出てきて座り心地も悪くなってきたそうです。
    家族からは買い替えの声もありますが、家の中で一番古くリビングの中心的な存在の家具で、

    とても愛着があり買い替えは考えられません。
    以前にメーカーで張り替えをしましたが送料も結構掛かってしまったので、当店でできないものかとのご相談でした。

     

    拝見したところ日本を代表する家具メーカーのロッキングチェア。

    塗装は傷んで来ていましたが、木部はしっかりしていて全く問題ありません。

     

    修理は出来るだけ今と同じようにして欲しいとのご要望でしたので、張り地は同色同素材の合成皮革にしました。

    座面内部は、クッション材もその支えのウェービングテープも傷んでいたので全て交換し、

    フレーム以外は全くの新品状態になりました。

    特別難しい修理ではなかったものの座面にキルティング加工を施したりと、

    細部まで同じように再現したため少々時間が掛かってしまいました。

     

    外見的にはわかりませんが、お客様には「クッションがしっかりとして座り心地がとても良くなった!」と、

    喜んでいただきました。

    これからも使えるうちはずっと張り替えて使い続けるそうです。

    年月を経ていい味わいが出てきたロッキングチェア、末長く大切にしてくださいね。

     

    ワトルプラスでは、他社製品の修理等にもお応えしております。

    家具でお困りの時はどうぞお気軽にご相談ください。

     

       ヒロシ

    コメント
    コメントする