<< 理想どおりにリフォームしたTVボード | main | ありそうでなかったスラックス収納ラック >>
2020.07.26 Sunday

チェアを着替えて、おウチ時間を晴れやかに♪

0

    先日の記事のお客様もそうでしたが、今回ご紹介するお客様もきっかけは同じでした。

    コロナ禍で家で過ごす時間が増えて、長年お使いのダイニングチェアが気掛かりになり修理をすることにしたそうです。

     

    <修理前>

    金属製のフレームに、座面背面ともにマジックテープで着脱できるカバーリング仕様の椅子です。

    ご購入後は一度もメンテナンスされていないとかで、拝見したところ20年以上はご使用の感じ。

    生地も擦り切れて、クッション材のウレタンも経年変化で粉状になっていました。

     

    <修理後>

    今回は、張り地はもちろん内部のクッション材も全て入れ替えました。

    以前の白系のプレーンな生地から、お客様のご要望でグレイッシュピンク色の織生地にしました。

    優しく温かな印象になり、お客様からは「生地見本帳の小さなサンプルからは想像できないくらい良い雰囲気!」と、とても喜んでいただきました。

    今回は予算の都合でできませんでしたが、カバーリングタイプは季節や気分に応じて交換も可能。

    もう1セット作ることで、おしゃれ度の高いダイニングになるのでお勧めです。

    お悩みの家具がございましたら、これを機に修理してみてはいかがでしょうか。

    当ショップでは、他社製品の修理も承っておりますので、どうぞご相談ください。



      ヒロシ

     

    コメント
    コメントする